<地震および火山噴火予知のための観測研究計画>

-担当研究課題-

「地震および火山噴火予知のための観測研究計画」平成24年度実施計画)

1.地震・火山現象予測のための観測研究の推進

項目
課題番号
課題名
代表者
(1) 地震・火山現象のモニタリングシステムの高度化 1701 駿河-南海トラフ周辺における多項目統合モニタリング 山岡耕春
(2) 地震・火山現象に関する予測システムの構築 1702 プレート境界地震のための地殻活動予測シミュレーション・データ同化システムの構築 鷺谷 威
(3) 地震・火山現象に関するデータベースの構築 1703 日本列島地殻活動総合相関評価システムの研究 山岡耕春
2.地震・火山現象解明のための観測研究の推進
項目 課題番号 課題名 代表者
(1) 日本列島及び周辺域の長期・広域の地震・火山現象 1704 活断層の地表形状・ずれ量データにもとづく地震発生予測 鈴木康弘
(2) 地震・火山噴火に至る準備過程 1705 内陸地震発生域における応力蓄積状態の解明 鷺谷 威

3.新たな観測技術の開発

項目 課題番号 課題名 代表者
(1) 海底における観測技術の開発と高度化 1706 GPS/音響方式海底地殻変動観測システムの高度化 田所敬一
(3) 観測技術の継続的高度化 1707 精密制御信号システム(アクロス)による地下の高精度常時モニタリング技術の高度化 渡辺俊樹

5.新たな観測技術の開発

項目 課題番号 課題名 代表者
(1) 超巨大地震に関する当面実施すべき観測研究の推進 1708 プレート境界周辺海底活断層の変動地形学的・古地震学的フィージビリティ調査 鈴木康弘
(1) 超巨大地震に関する当面実施すべき観測研究の推進 1709 古文書を用いた南海トラフ超巨大地震の地震発生メカニズムの解明 山中佳子
(2)超巨大地震とそれに起因する現象の予測のための観測研究 1710 南海トラフの海溝軸付近における海底地殻変動モニタリング 田所敬一


過去の研究計画一覧はこちらから