<取得研究費による研究課題>


取得研究費  2014年度
種別 項目等・期間 課題番号等 研究課題名 代表者 分担(連携)者
科学研究費 基盤研究(A)
2012.04-2015.03
24240114 東日本大震災の災害地理学的検証-「想定外」回避のためのハザード評価手法の再検討- 鈴木康弘  
基盤研究(A)
2014.04-2017.03
23240121-01 詳細DEM画像による日本列島周辺海域の変動地形学的研究 広島大学
中田 高
鈴木康弘
基盤研究(A)
2013.04-2016.03
25242034 古文書解読からわかる地震活動・被害実相比較による南海トラフ巨大歴史地震像の解明 山中佳子  
基盤研究(B)
2013.04-2016.03
25282111 科学的知見をより良く反映し利用者にも伝わり易い地震発生長期評価法の提案 鷺谷 威  
基盤研究(B)
2012.04-2015.03
24310131 孔内用精密制御振源とトモグラフィ解析による表層地盤のS波速度構造の高精度決定 東京大学
渡辺俊樹
山岡耕春
基盤研究(B)
2012.04-2016.03
24403005 スマトラ巨大地震発生後のスマトラ断層:余効変動の収束と新たな歪み蓄積過程の解明 高知大学
田部井隆雄
伊藤武男
基盤研究(B)
2013.04-2017.03
25287112 巨大海台衝突に伴う北部琉球弧のプレート間固着の研究 古本宗充 鷺谷 威
伊藤武男
寺川寿子
基盤研究(B)
2013.04-2016.03
25287113 プレート不連続のマッピングと力学特性の解明 山岡耕春  
基盤研究(C)
2011.04-2015.03
23540493* 地震メカニズムトモグラフィーによる地殻内三次元間隙流体圧場の時間発展解析 寺川寿子  
基盤研究(C)
2014.04-2018.03
26400451 理論と観測に基づく東北日本弧・プレート境界面の絶対強度の推定 寺川寿子 (橋本千尋)
基盤研究(C)
2014.04-2017.03
26400447 沈み込み帯における深部低周波地震活動の全容解明 加藤愛太郎  
基盤研究(C)
2014.04-2017.03
26400454-01 宇宙測地技術による飛騨山脈周辺の地殻変動様式の解明 京都大学
高田陽一郎
鷺谷 威
基盤研究(C)
2014.04-2017.03
25350427-01 活断層によらない島弧地殻の変形様式の解明ー歪速度パラドックスの解消にむけてー 岡山大学
松多信尚
鷺谷 威
新学術領域研究
2014.04-2019.03
26109001 地殻ダイナミクス−東北沖地震後の内陸変動の統一的理解− 京都大学
飯尾能久
鷺谷 威
加藤愛太郎
新学術領域研究
2014.08-2019.03
26109003 異なる時空間スケールにおける日本列島の変形場の解明 鷺谷 威  
挑戦的萌芽研究
2011.04-2015.03
23650582* 高解像度DEMステレオ計測システムの開発と活断層・変動地形研究への応用 鈴木康弘  
若手研究(B)
2011.04-2015.03
23740337 モンテカルロ法による最適なモデル解像度を得る逆解析手法の開発とその応用 伊藤武男   
特別研究推進
2014.10-2015.03
  2014年御嶽山火山噴火に関する総合調査 山岡耕春 田所敬一
山中佳子
(加藤愛太郎・伊藤武男・寺川寿子)
受託研究費 2014.10-2018.03 独立行政法人 科学技術振興機構 SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)
レジリエントな防災・減災機能の強化 津波被害軽減のための基盤的研究
独立行政法人防災科学技術研究所
青井 真
田所敬一
2013.04-2014.03 独立行政法人 海洋研究開発機構 地震・津波の予測精度の高度化に関する研究 橋本千尋  
共同研究 2013.04-2016.03 公益財団法人 地震予知総合研究振興会 長岡平野西縁断層帯周辺のGPS観測・解析 鷺谷 威  
2014.04-2015.03 東京大学地震研究所(一般共同研究) DSMを用いた新しい震源解析手法による連動型地震メカニズムの解明 山中佳子  
2014.04-2015.03 東京大学地震研究所(特別共同研究(A)) 地表地震断層および活断層の地表形状・変位量データ にもとづく直下型大地震の規模・頻度予測手法の高度化 −LiDAR等の高解像度DEMを用いた検討 鈴木康弘  
*継続

現在のページへもどる