講演者:金森博雄教授
(米カリフォルニア工科大学名誉教授・名古屋大学客員教授)

特別講演
日時:2008年2月28日(木)13:00-
場所:理学部E館557講義室
主催:地球惑星科学科
タイトル:“Wave” Seismology"
     1.The Diversity of Earthquakes
     2. W phase
     3. Waves in the Planetary Atmosphere



           

[金森先生プロフィール]
http://www.env.nagoya-u.ac.jp/pub/professor.html#1
http://www.seismolab.caltech.edu/kanamori_h.html

[講演の概略: "波動"地震学について]
 地震は古くから地震の伝わる"波線”として解析されてきました.金森先生は,地震波動理論を駆使して,観測された地震の”波動”から,地震の発生過程や地球内部構造,火山噴火過程などを明らかにしてきました.さらに,これらの研究成果から南カリフォルニアにおける地震速報網の構築をなされました.
 金森先生の数多くの研究の中で今回は,「地震の多様性」,「Wフェーズ・インバージョンによる津波警報の高速化」,「惑星大気波動」について講演されました.

[講演要旨]
Seismologists use waves to see what is happening in the Earth.  In old days of seismology “waves” were mainly interpreted as “rays”.
Since the 1960s, “waves” have been used as “waves” with the use of wave equations, normal mode theory etc. With the availability ofhigh-quality data and new developments of theories, seismologists can make a good use of wave theories not only for a better understanding of the physics of earthquakes but also for more effective use of research products for hazard mitigation. Also, the use of wave theories helps seismologists expand their intellectual basis by investigating the processes occurring outside of the Earth.


講演会/講座等のページに戻る

地震火山・防災研究センター ホームページに戻る