名古屋大学オープンキャンパス
センター見学会(2013年8月9日)


 2013年8月7日から9日の3日間、名古屋大学へ入学を希望する高校生を対象に、本学の教育研究の紹介や施設見学を通して、進学の目的意識を持っていただくためオープンキャンパスが開催されました。今年度の理学部企画のスケジュールでは、豊田講堂で9:45から理学部紹介があり、地球惑星科学科懇談会を経て、地震火山研究センターの研究室体験ツアーは行われました。地震火山研究センターでは、研究紹介を理学部E館105で、観測装置展示を107で実施しました。この日訪問した高校生は100名以上 (愛知県・三重県・岐阜県・静岡県・長野県・滋賀県・東京都・神奈川県・大阪府・和歌山県・徳島県)で、遠方からの訪問も多くありました。研究紹介はスライドやポスターで研究の説明を行い、観測装置展示室では、実演や説明を行ったり、実際に震源決定にも挑戦してもらいました。参加した高校生たちはより地震や火山に興味を持てたと話してくれました。ツアー以外にも直接、見学に訪れる熱心な高校生も見られました。また、すでに進路を決めて、地震の勉強をしている高校生もいて、担当の教員や技術職員に 多くの質問をしていました。

研究紹介
観測装置説明と震源決定
震源決定に挑戦!
観測装置の説明
ポスターで研究紹介
震源決定の説明



スケジュール:
地球惑星科学科懇談会(理学部E館1階101室)
第1回目 11:15-12:15
第2回目 13:30-14:30
第3回目 15:00-16:00

施設見学
理学部E館105テレメータ室 10:00-17:00
センターの研究紹介および説明
理学部E館107
観測装置展示説明・震源決定等実演 




<センター公開・見学等>のページへ

地球惑星ダイナミクス講座のページへ

地震火山研究センターホームページに戻る