向陽高校SSH地学分野別研修(20110721-22)



 名古屋市立向陽高等学校1・2年生6名(引率教員2名)が7月21日(木)から7月22日(金)の2日間にわたり、SSH(スーパーサイエンスハイスクー ル):「地学分野研修」のため地震火山・防災研究センターに来訪しました。2日間の研修では、専門的な講義を聞き、GPS解析や重力の測定、屈折法による地下構造の推定実験および解析を行いました。研修を受けた皆さんは大変熱心にまた興味深く、担当教員の話を聞き研修に参加していました。

第1日 7月21日(木) 「GPSと重力」 
担当講師: 鷺谷 威 教授, 伊藤武男 助教 
第2日 7月22日(金) 「地震波で地下構造を知る -屈折法実験-」
担当講師: 渡辺俊樹 准教授, 田所敬一 准教授  



SSH研修(2011年7月21日-22日)  場所:名古屋大学理学部E館411室他

研修内容 実施日 担当教員
第1日 
[GPSと重力]
10:00−10:15 ガイダンス
10:15−11:30 GPSと重力についての講義
11:30−12:30 実験:GPS、測量データ取得
13:15−14:30 GPS解析の解析と考察
14:30−15:15 重力の測定
15:15−16:00 重力測量データの考察
7/21(木) 鷺谷 威 教授
伊藤武男 助教
第2日 
[地震波で地下構造を知る-屈折法実験-]
10:00-11:30 地球内部構造と地震波速度
         人工地震による地下構造探査(講義)
11:30-12:30 屈折法による地下構造の推定(実験)
13:30-16:00 屈折法による地下構造の推定(解析)
7/22(金)
渡辺俊樹 准教授
田所敬一 准教授




アンケート結果と感想(pdf250kb)


セミナー・SSH研修他のページへ

地震火山・防災研究センターホームページに戻る