特別セミナー 2014/05/28


日時: 2014年5月28日(水) 10:30-12:00
場所: 地震火山研究センターセミナー室(E411)
講演者: Alessandro Vuan 博士
      OGS (Istituto Nazionale di Oceanografia e di Geofisica Sperimentale)
講演タイトル: On the foreshock sequence before the L'Aquila 2009 Mw=6.3 earthquake




Abstract:

Foreshock sequences prior to the 2009 L'Aquila earthquake (on 6 April 2009, Mw6.3) lasted about 6 months and showed a complex seismicity pattern affecting not only the main fault plane but also a system of contiguous fault segments. Continuous waveforms from permanent seismic stations of the Italian seismic network are here explored to improve the foreshock catalogue by using a cross-correlation detector. This technique is able to lower significantly the completeness magnitude by increasing the number of micro-earthquakes. Based on this new catalog, we reveal detailed spatial-temporal evolutions of foreshock sequence and discuss the physical processes at the base of the foreshock sequence.


紹介および感想:

Alessandro Vuan 博士は、イタリアのトリエステという街にあるOGS(Istituto Nazionale di Oceanografia e Geofisica Sperimentale)の研究員で、地震波の伝わり方、地震による地表付近の揺れ方、地震活動についての研究に従事されています。今回のセミナーでは、共同研究プロジェクトとして進めている2009年ラクイラ地震の発生前に見られた地震活動(前震活動)についての研究結果をご紹介いただきました。新たに構築された地震カタログに基づいて前震活動の詳細な時空間発展をお話いただくとともに、地震活動と地下の不均質な構造との対応関係についてもご議論いただき、大変興味深いセミナーとなりました。

地震火山研究センター准教授 加藤愛太郎



講演会/公開講座等のページへ戻る

地震火山研究センターホームページに戻る